Instagramで婚活しよう!出会いツールにする方法を考えてみた

Instagramで婚活しよう!

今やInstagramの使用者は、1600万になりアクティブユーザーも増えています。

ソーシャルメディアラボより
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

インスタグラマーという造語が生み出されるほどに若い女性の間で人気のSNSになりました。

『恋愛工学』で有名な藤沢数希氏も出会いアプリは古く、次はInstagramであると言ってます。
週刊金融日記 第266号 まだ出会い系アプリで消耗してるの? Instagram編より
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52110257.html

そこでInstagramを婚活に利用する方法を考えてみました。

1.Instagramの性質

InstagramはSNSの中でどういう性質を持っているのかを知りましょう。
代表的なSNSとくらべてみます。

Facebook:
非匿名性が主体。個人やビジネス目的で盛んに利用されている。
文字と画像の双方を使ったメディア。今やSNSの王様の地位を獲得している。

Twitter:
匿名性が主体。Tweetという文字主体のコミュニケーション。
匿名性ゆえ気軽にコミュニケーションがとれることを利用し拡大している。

Instagram:
非匿名性が主体。画像や動画が主体のコミュニケーション。
画像のセンスで繋がるSNS。

匿名性とコミュニケーションのやり方が違うことがわかりますね。

匿名性
Facebook=Instagram > Twitter

コミュニケーションの性質
(画像)Instagram> Facebook < Twitter(文字)

匿名性がなく画像で伝えることができるInstagramが流行るのは、
セルフィ(自撮り)が流行した延長にSNSで拡散できる要素が加わったことで
人気になっているのかなと感じますね。
この流れが一時的なものかはわかりませんが流行に乗っておきましょう!

http://kakeru.me/instagram/etomiho-instagirls-interview/
”インスタジェニック”至上主義!? 平成生まれ女子たちがInstagramにハマる本当の理由

2.Instagramの良いところ

Instagramは簡易的なプロフィールサイトとして使えます。
感動したことを画像で伝えるSNSです。
そのため、相手が何に興味があるのかということを分析できちゃいます。

例えば、ストリートで決死の思いで声をかけて連絡先を知った女の子がいたとしましょう。
ストリートの場合、お互いに初対面ですから知ることができる情報はわずかしかありません。
相手に時間の余裕があればいいですが、ないことが多いためですね。
基本戦略として会話の無駄を省きながら最適な形で連れ出しor連絡先交換を狙うことになります。

そこで連絡先を交換した後に、初メールの時にInstagramのアカウントも交換してみましょう。
インスタのアカウントから多くのことが読みとることができるからです。

・意外にもパリピだ。 →EDMが好きだからクラブの話をしてみよう。
・お料理教室に通うのが趣味なんだ。 →手料理を食べる目的で家デートに繋げられるかも。
・お?友達可愛い子多いな。 →合コンを企画しても面白いかも。

と様々に利用できます。

また、相手が自分のアカウントを見ることで、自分のことも知ってもらうことができます。
そこで意外な共通点が見つかれば一気に食いつきをあげることができるでしょう。

3.Instagramは長期的な関係の構築にも使える

せっかく女性と知り合ったもののメールが続かなくなる……、なんてこともよくあります。
恋はナマモノとはうまくいったもので、感情には鮮度があります。
出会った時のドキドキ感は、時間と共に薄れてしまいますよね?

可愛い女性は日常的にアプローチを受けているので、
メールをしていても音信不通になってしまうことがよくあります。

しかし、音信不通になってしまってもひょんなタイミングでメールをしてみると
意外に復活することがあります。
この復活メールをもっと効果的に行えるのも醍醐味といえるかもしれません。

音信不通になってでもInstagramがブロックされない限りは、
相手の近況を知ることができます。
相手の投降に対して、こちらからコメントできることがあればメールしちゃいましょう。
少なくとも相手の関心があることに対してメールをしているため、
的は外していないので返信をしてくれる可能性があると思います。

4.自分をブランディングする

なにはともあれ自分のアカウントを育てましょう!
男性は、キラキラした場所なんて野郎と行けるわけがないと思います。
だからといって、適当な居酒屋の写真をあげても好感は持たれません。

ここで街コンやマッチングアプリで出会った女子とデート写真を撮ることをオススメします。
二人で写るのではなくご飯の写真を撮ります。
せっかくのデートなのでキラキラしたところでご飯を食べてみてはいかがでしょう。
ランチであれば高級店でも安く食べることができます!



レストラン予約であれば、一休が便利ですよ。

この作戦のいいところは、負けた分だけ強くなれるところです。
オシャレなところでデートを繰り返し行えば、Instagramのアカウントが育ちます。

新規に出会う女の子からしたら、
「美味しいお店をいっぱい知ってる」、
「一緒にいて楽しそう」、「モテそう」と感じます。
負けたデートを無駄にせずに強くなってトライできるツールとして使えますよ。

写真については、まだ研究中のためわかりませんが女性は写さないほうがいいと思います。
やはり、いっぱい女遊びをしていると思われてしまうと印象は悪いです。
数十人でBBQとかは逆に効果的だと考えます。
あと、とびっきりの美女と写真を撮れるなら載せてみてもいいかもしれません。
美女と一緒に写るこの人は何者なんだろう?モテそうと思われれば効果的です。

5.フォロワーを増やしてソーシャルバリューをあげよう

デートを重ねた分だけフォロワーは増えていきます。
フォロワーが多いと投稿したコメントも増えますし、
友達が多いということでソーシャルバリューは上がります。
知り合いが多いというのは、人脈を持っていると思われるからですね。

また、フォロワーが多いほどいいね!が貰いやすくなります。
このいいね!が多いと検索時に上位に表示されるようになっているので、
多くの人に自分を知ってもらうことができます。
そうすれば更にフォロワーが増えるという好循環が生まれます。
投稿時には、必ずハッシュタグをつけてみましょう。

さらにSNSにおいてもフォロワーが多い人であれば、他人に絡んでいけます。
フォロワーが多いと信用力があり、警戒感は薄れることでしょう。
直接、出会いに発展することも可能性もあるかもしれません。
(※仮説のため実証されれば、公開したいと考えています。)

6.まとめ(気をつけたいこと)

Instagramで使用する上で注意したいことが、
匿名性がないことです。

出会いツールとしてアカウントを育てていき、
女性にアプローチをすることが可能になった場合、
様々な問題が生じます。

仮にフォロワーに彼女がいる場合、投降した写真によっては浮気しているのでは?と
疑われてしまいます。
また、周囲の人に女遊びをしていることを知らせてしまうのも得策とは言えません。
信頼のおける人に教えましょう。

匿名性がないからこそ悪事が発覚した時のリスクは非常に高いといえるでしょう。
投稿する写真の内容については考慮する必要があります。
そのため、この記事も婚活に焦点をあてた記事にしました。

まとめるとInstagramは、
①理想的な女性と出会いデートに繋げやすくするためのツール。
②付き合えなくてもリア充アカウントが育ち、
③はれて彼女となれば重ねたデートも記録しながら、ソーシャルバリューをあげられるツールだと思います。

もし別れてしまっても彼女との思い出とオシャレな写真は次の恋を助けてくれますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA