「時間を生む」ために投資するとQOLがあがる

お金の使い方は4種類ある!?

お金の使い方は、4種類(浪費・消費・投機・投資)って聞いたことがある人がいると思います。
結論からいうとお金を投資に使いましょう!って話になります。

そうは言うけどさ、投資についてどう考えたらいいのよ?って思う人が多くいると思います。
お金の使い方について考えてみると投資という表現には色んな意味が含めれています。

その前に4つの使い方を整理しましょう。

1,浪費とは?

浪費を言い換えると無駄使いになると言えるでしょう。
しかし、無駄使いってなんだろうって考えると深いです。

仮に仕事で嫌なことがありました。
ストレス解消に暴飲暴食をしたい!というのは、
暴飲暴食で使われるお金、そして、その後の健康へのダメージが残ると思います。
一時の感情で満足はするが満足感が続かないお金の使い方を指していると考えます。

何も生まないですが、人間、お金と引き換えに快楽を得るために働いているようなもんですから
これを全否定するとストレスが溜まります。
うまく自制しつつ浪費してしまうお金を減らさなければなりません。

2,消費とは?

消費を言い換えると生活費になると思います。
生きていくために必要なお金ですね。
これは削減しようとしても限界があります。

3,投機とは?

投機を言い換えるとギャンブルになると思います。
お金を賭けて失うリスクをおかして、増やすことに当たります。

4,投資とは?

金持ちは投資をすることに対しては躊躇なく金を支払うと言われます。
簡単にいえばお金を支払った分だけ価値として返ってくるものを指しています。
けれども、もっと意味が深く多岐に渡ると考えます。
いくつか種類があることを知ることで深く酒類があることを知ることができます。

資産的価値

株式投資などの金融資産が代表例ですね。
例えば、100万円分をApple株買ったとしましょう。
Appleの業績がよければ、1年後には株価があがり100万以上の価値になっています。
つまり、お金がお金を稼いでくれる状態と言えます。

時間的価値

普段、私達が意識しない時間という概念は人生おいてに重大な価値をもっています。
むしろ、この世で1番大事なものは時間と思います。
人類が生み出してきたもののほとんどが時間短縮のテクノロジーであることがわかります。
より速いものへ進化を遂げて古い技術が廃れていったように……。

家庭の中では、洗濯機が洗濯板でゴシゴシ洗う時間を短縮しました。
移動においては、在来線よりも新幹線のほうが速いです。もちろん、その分の価値があります。
買い物も外出しなくともAmazonや楽天があれば家にいて買い物ができてしまいますよね。

こうして一分一秒の時間短縮を行うことで、新しい時間を投資することで
進化させているといっても過言ではないでしょう。

もっと時間の大切さを感じてもらうための一例

会社の近くに引っ越しをすることで1日に10分の時間短縮に成功したとしましょう。

10分 X 365日 =3650分≠60時間

の時間短縮ができたことになります。
60時間あったら何ができるでしょうか?

紹介したいくつかの価値ですが、1番大事なのは時間だと思います。
時間があれば大概のことはできてしまうからです。
なので、常にどうしたら時間短縮できるかを考える。
お金を使うことで短縮できるならそうすべきだと考えます。

5.投資を再定義しよう

人間、どうしても浪費にお金を使いがちです。
お金を使う前に立ち止まって、これは何に分類されるのかな?と考えてみることが大切だと思います。

そして、投資にも種類がありますが下記の順番に遂行していくことが重要です。

①日々、節約を行いお金をの使い方を変えて貯金を増やす。
 高級品が欲しくとも他の安物で代替できないかを吟味した上で購入する。

②浮いたお金を時間的価値と資産的価値へ投資する。

③優先度は、時間的価値>資産的価値と考える。
 時間は何よりも優先されることを肝に命じてください。
 やり方次第で10分はやいのであれば、そちらを優先してください。
 それが1年も積もれば大きくなります。
 そして、空いた時間を友人や家族、自己投資やビジネスに投じたらいいのです。

④資産的価値によって生まれたお金でお金を稼ぐことができれば、
 その収入で新たな投資が可能になります。
 時間的価値を得てもいいでしょうし資産的価値を得るのもありかもしれません。

6.まとめ

普段、何気なく使っているお金の使い方を見直すきっかけになればと思い執筆しました。
QOLを高めるためにどうしたらいいんだろう? という疑問からスタートして全ては「時間」を得るための行動だったのだと気づきました。

多くの人にとっては、時間が何よりも優先されると考えます。
法哲学においても厳罰というのは、時間を拘束する発想ですよね。
死刑というのは、人の意見に関係なくその人の生死、時間を奪う行為ですから。

何をしたらいいか分からなければ、とりあえず時間短縮のために全自動洗濯機・ルンバを買ってみるのもいいかもしれませんよ。
洗濯物を干す時間や掃除機をかける時間が削減されます。
浮いた時間は好きなように使ったらいいと思います。

あなたもお金の使い方を見直してみませんか?
そう、全てはQOLのために。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA