沖縄4泊5日の旅行記〜観光・体験・カフェを紹介〜

【沖縄4泊5日の旅行記】

長期連休を利用して4泊5日の沖縄へ行ってきました。
定番どころは網羅したかな?という満足のいく旅になりました。

これから行かれる方のためになればと思い執筆しました。

【事前準備】

沖縄の旅行計画をたてて宿は5ヶ月前、飛行機とレンタカーは3ヶ月前に予約しました。
前から予約すると安くプランを組むことができたかな?と思います。
事前準備は大切ですね!

ちなみにフライトとホテル予約を一気にできるExpediaを見ましたがバラバラに予約したほうが安かったです。
フライト予約に使用したのは、スカイチケットです。



あと、ダイビング予約はお盆休みという混み合う時期でも
2週間前で予約できちゃいました。

【1日目 首里城→国際通り】

AM10:40に飛行機に乗り那覇空港へ。
予定よりも速くつき13時ちょっと過ぎに到着。
荷物を受け取り14時くらいでした。

そこからレンタカー屋の送迎をしてもらいホテルに着いたのが、
16時前くらいでした。
場所はおもろまち駅付近。
国際通りから1キロくらい離れたところでしたが、
近くに飲食店やドラックストア、コンビニがあり不便はありませんでした。

そして、ゆっくりする暇もなく首里城へ!!
夕方というのに暑かったです。
首里城から見る景色は、一風変わった景色を堪能できました。

それから、国際通りに行き民謡が聞ける居酒屋へ。
島唄など有名曲を堪能しながらお酒も飲めて楽しかったです。

【2日目 喫茶黒猫→ダイビング体験→ジャッキー】

2日目は、ブレイクファーストで『喫茶黒猫』へ行きました。
道中、結構道が狭い……。
地図が指し示すところに着いても、「ここ……?」と疑ってしまう佇まい。
中へ入ってみるとコーヒーの香りと高台からみえる沖縄の町並みを一望できました。

食べログ:喫茶黒猫への紹介ページへ。

料理も美味しく大変満足。

そのあとに、スキューバダイビングをしました。
ケラマブルーで有名な慶良間諸島です。

実は、沖縄の海を初めてみたのが慶良間諸島だったんですね。
そこには写真でみたことがある綺麗な海が広がっていて感動しました。
シュノーケリングを楽しんだ後にダイビングに挑戦しました。

そんなダイビング体験談は、下記の記事で詳細を記載しております!

泳げない人がスキューバダイビングに挑む前に気をつけたいこと

疲れたから肉が食べたいと思い沖縄で有名なジャッキーというステーキ屋へ行きました。
お店の中にはタレントの色紙がいっぱい飾られていました。

かなり有名なようで一時間半ほど並びました。
空腹のときに食べたステーキは本当に美味しかった。

食べログ:ジャッキー紹介ページへ。

【3日目 美ら海水族館→古宇利島(トケイ浜)→大家】

3日目は、美ら海水族館へ向かうため9時にホテルをでました。
高速を使い片道2時間ほどかけて美ら海水族館へ。

大水槽でみるジンベイザメに圧倒されました。

それから付近を散策し古宇利島へ。

古宇利島といえば、離島へ繋ぐ橋が有名です。
綺麗な海を爽快にドライブしたのは楽しかった。
古宇利島オーシャンビューへ登ることも考えましたが、
時間の関係上、やめてプライベートビーチが味わえるというトケイ浜へ。

道中、砂利道を走りながらも到着。
親子連れやカップルがちらほら来ていました。
海に入ると、魚も多くシュノーケリングするには楽しいところだなと感じました。
ウニもいっぱいて危なかったですが……。

帰りは、名護市にある有名店の大家で食事しました。
沖縄そばで有名だと聞いていたのですが、ランチしかやっておらず……。
しかも、結構並びます。
ちょうど、ディナーは18時から開始でその前に着き並べたのでスムーズに入店できました。
内装にただただ圧倒されました。

食べログ:大家紹介ページへ。

【4日目 ニライビーチ→カフェしろくま】

ここにようやくビーチでゆっくりしました。
ニライビーチでは、日航ホテルの宿泊者以外でも3000円ほどでパラソルの貸出をしてくれます。
やや高いですがパラソルがないととても入られたものじゃありません。
それほどに沖縄の日差しは強力でした。

クラゲ防止用の網が張ってあり楽しく泳ぐことができました。
また、近くではバナナボートなどのマリンスポーツも遊ぶことができます。

ホテル日航の宿泊者専用ビーチなところがあるため、
設備は完璧でなにも不自由を感じませんでした。
当然、ナンパ目的の人達もおらず家族連れがほとんどですので
ゆっくり楽しみたい方にはオススメです。

ディナーは、カフェしろくまへ。
沖縄にきたのですがタイ料理(カレー)が有名な店です。
インスタ映えしそうな海岸を見渡すことが出来るブランコがあり、
料理も1500円ほどで食べられるスペシャルセットがボリューム多く満足しました。

カフェしろくまからみた絶景に感動しました。
山の頂上の辺鄙なところにあるのですが、行く価値は絶対にありますよ!

食べログ:カフェしろくま、紹介ページへ。

【5日目 すーまぬめぇ→ウミカジテラス】

最終日の昼ご飯、沖縄そばで有名な「すーまぬめぇ」へ。
民家の中に佇むお店で沖縄の庶民の生活に溶け込んだ雰囲気を味わえます。
気をつけたいのが駐車場が狭いこと。
レンタカーをこすりそうになりました……。

食べログ:すーまぬめぇ、紹介ページへ。

そして、空港近くに最近できたというウミカジテラスへ。
ずっと眺めていられる美しい海をぼんやり眺めながら、
かき氷を食べました。
パンケーキやハンモックでゆったりできるカフェがありましたので、
写真を撮る楽しみもありそうです。

最後に、那覇空港でブルーシールスという有名なアイスを食べました。
街でちょくちょく看板をみかけるのですが機会なく、
このまま食べずに帰るのか……と諦めかけたときにありました。
アイスは諦めずとも空港にありますのでご安心を。

【まとめ】

沖縄本島の旅行記を紹介しました。
まだまだたくさんの観光名所はありますし楽しみがいっぱいの観光地だと感じます。
行った飲食店はどこもオススメですので、行きたい飲食店の近場の観光地を検討して
まわってみるのもいいかもしれません。

次は、宮古島へも行ってみたいですね!
それでは、楽しい休暇を!





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA