泳げない人がスキューバダイビングに挑む前に気をつけたいこと

【スキューバダイビングに挑む前に気をつけたいこと】

うーん、綺麗ですね!
こんな海にダイビングして、遊泳してみたいですよね。
ただ、泳げない人には叶いそうにもない希望……。

筆者も泳げないのですが、無謀にもチャレンジしてきました。
そこで感じたことを記したいと思います。

【スキューバダイビングって泳げない人でもできるの?】

実はウェットスーツは、浮くように設計されています。
泳げない人は、水面で浮遊する立泳ぎもできないと思います。
心配することもなく海底に足をむけても浮遊します。
なので、海に入ってシュノーケリングをすることは容易いのです。
海が透き通っていて、泳いでいる魚やサンゴが見れて楽しいですよ。

もちろん、あとは潜るだけなので泳げなくてもダイビングも泳げなくともできます。
水泳とダイビングは全く別物と考えてもいいでしょう。

【スキューバダイビングについて】

スキューバダイビングを行う際に、普通はダイビング体験を予約していきますよね。
船で離島へと移動するパターンが多いと思います。
そして、インストラクターから移動中にダイビングについての講習を受けます。

受ける講習の内容は、

  1. ゴーグルの中に水を抜く方法
  2. 呼吸器の扱い方
  3. 耳抜きの方法

初めて扱う機器に慣れないため道中は練習されたほうがよいでしょう。
特に泳げない方の中には、息継ぎができない人がいると思います。
呼吸器は、口呼吸への切り替えが必要です。
水中で鼻呼吸をしてしまうと思いっきりゴーグル内に水が侵入し、
鼻へと水が流れ込んできます。
水中でこのような事態になれば、パニックに陥るでしょう。
しっかり練習しましょう。

現地に到着後、シュノーケリングしながら各機器の使い方をおさらいして、
順番にインストラクターが付きながらダイビングを行っていきます。

【ダイビングを行う際の注意点】

ダイビングをする際に必ず気をつけないといけないことがあります。
それは、ダイビングをする当日に飛行機に乗れないということです。

理由は、気圧差が激しくかかり体に負担がかかることです。

また、ダイビング体験する日の天候によっては波が荒れていることが考えられます。
移動中の船で船酔いすることがありますので酔い止めは飲んだほうがよいでしょう。
実は、海上で波に揺られている間も体が蝕まれているようで酔ってしまいます。

【泳げない人への難問が呼吸と耳抜き】

泳げない筆者ですが、チャレンジしました。
実際に潜っていったのですが問題に直面して海底にいくことはかないませんでした。

その問題とは、呼吸と耳抜きでした。

口呼吸に慣れなかったために潜っている間に油断すると鼻呼吸をしてしまいそうになります。
上記の通り、鼻で呼吸してしまうと鼻に水が入ってきて呼吸ができなくなりパニックに陥ります。
情けない話ですがこれに対策のために鼻を摘みながら潜っていきました。

鼻を摘めば口で呼吸するしかありませんからね。
そうして呼吸を克服したのですが、問題は耳抜きにありました。

海底に潜っていくと水圧がかかり頭に気圧がかかってきます。
そこで耳抜きできないと頭や耳が非常に痛くなります。
この耳抜きが非常に厄介でした。

講習を受けた際に鼻を摘んで、鼻から思いっきり空気をだすと抜けると教わるのですが抜けなかったのです。
水中で耳抜きをしようともがくものの抜けていかず、我慢して潜っていくほどに水圧が上がっていき耐えられない痛みになりました。
どうしようもなくなくなり、時間も限られていたために―2mほどでギブアップ。

船に戻った後もしばらくは耳に違和感がありました。

【まとめ】

泳げない方に何かのメッセージになればと書きました。
泳げなくてもなんとかなるよ!というネット記事を見てチャレンジしてみましたが、
呼吸と耳抜きができるかが非常に大事であることを知りました。
インストラクターの方もこの点を捉えて非常に重要であることを教えてはくれませんでした。

記事を読めれて自信がなければ、とりあえずシュノーケリングを楽しんでみるのはアリだと思います。
綺麗な海は透き通るほどに美しく、海上からでも中を見渡すことができますよ。

良い旅の思い出になればと思い執筆しました。
それでは、楽しい休暇を。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA